「介護事業部」新設のごあいさつ

2011/12/01

日本は永い間にわたって、世界中からさまざまなものを上手に取り入れ、アレンジしてきました。現在の超高齢化社会は、わが国がお手本なしに、というよりも、人類にとっての未体験時代に突入していくことであります。まもなく4人に1人が65歳以上になる日本は、その意味で、世界の注目の的、先進的な超高齢化社会モデルということができます。

こうした現状を真摯にとらえ社内での検討を重ねたうえで、私ども株式会社グローバルは、2011年11月、新しく介護事業部を立ち上げる運びとなりました。

介護とは、言うまでもなく高齢者のみなさまのお一人お一人に添って共に歩んでいくことにほかなりません。私たちは介護事業を、まさに私どもの誠実と真心の精神という理念を実践するにふさわしいフィールドであると位置づけました。私たちが目指す介護は、介護を受ける側も介護するスタッフもともに、「いい今」を創造し共有することだと考えます。その意味で、個人的かつ地域密着型の介護こそ、グローバルスピリッツに相通じるものであると考えています。

新事業部では2011年4月の通所介護施設開設をスタートに、「介護の社会化」の一助を担って参る所存でございます。みなさまのご支援ご指導の程よろしくお願いいたします。

介護事業部 部長 国吉勝得

ページトップへ