レイアウトパターン例

レイアウトパターン例

基本的なパターンの作り方を紹介しますので、カラーコーディネーションと併せて様々にアレンジしてください。

POINT (1) 正確なレイアウトをするために、グリッドを隙間なく並べる。
  (2) ブロックは必ずコーナーから並べ始める。
  (3) 隣接するグリッドは必ず最低1カ所でブロックを渡して連結する。

Herringbone ヘリンボーン

もっとも一般的なレイアウトパターンです。
  1. グリッドは格子状に、縦横平行に並べます。
  2. ベースグリッドの一番端のコーナーからブロックをインストールし始めてください。
  3. 隣接するグリッドは必ずブロックで連結してください。
  4. トリムからはみ出たブロッックはカットします。
    ※カットしたブロックは適合する部分に使用できます。
Herringbone ヘリンボーン

Basketweave 市松模様(基本パターン)

市松模様のもっとも簡単なパターンです。
  1. グリッドは縦横平行にレイアウトし、2辺の端の1列をカットして開始コーナーをつくります。
  2. カットしたグリッドの開始コーナーからブロックをインストールし始めてください。
  3. 隣接するグリッドは必ずブロックで連結してください。
  4. グリッドの無駄を出さない方法は、市松模様(応用パターン)を参考にしてください。
Basketweave 市松模様(基本パターン)

Advanced Basketweave 市松模様(応用パターン)

グリッドの無駄の出ない応用パターンです。
  1. グリッドを互いに1/2ずつずらしてレイアウトしてください。
  2. 2辺の端の1列をカットして開始コーナーをつくります。
  3. カットしたグリッドは、それぞれ適合する部分に上手くはめ込んで無駄をなくします。
  4. 開始コーナーからインストールをはじめてください。
  5. 隣接するグリッドは必ずブロックで連結してください。
Advanced Basketweave 市松模様(応用パターン)

Running Bond ランニングボンド

  1. グリッドを互いに1/2ずつずらしてレイアウトしてください。
  2. カットした半分のグリッドは、その列の最後のグリッドにレイアウトすれば無駄が出ません。
  3. 開始コーナーからグリッドをインストールしてください。
  4. 隣接するグリッドは必ずブロックで連結してください。
  5. トリムからはみ出たブロックは半分にカットします。
    ※カットしたブロックは適合する部分に使用できます。
Running Bond ランニングボンド

Soldier Course with Herringbone ヘリンボーンと隊列並べ

ヘリンボーンのパターンと隊列並べの曲線コーナーの作り方です。
  1. グリッドを図のように格子状に並べます。
  2. 隊列並べのブロックラインを想定して、開始コーナーからヘリンボーンレイアウトをはじめてください。
  3. 隣接するグリッドは必ずブロックで連結してください。
  4. ヘリンボーンのブロックを、1個ずつ、またはジグソーを使って1度に、カーブの形にカットします。
  5. カーブラインにインストールされる隊列並べのブロックの足をジグソーで取り除いてください。
    ※カーブに沿ってインストールされた隊列並びのブロックはグリッドの上に乗っているだけで、ロックされない状態です。
  6. カーブラインに使用されないブロックは、足を取り除かずにグリッドにしっかり固定します。
Soldier Course with Herringbone ヘリンボーンと隊列並べ
カット方法のムービーガイドを見る
ページトップへ